ツボ刺激と自分でできるお灸で妊活を

妊活

妊活について

ツボ刺激と自分でできるお灸で妊活を

東洋医学の考え方によると、体の中には経絡と呼ばれる無数のツボがあり、それぞれに体のどこかにつながっています。
そのため、不調があるときや病気になると、その臓器や体の箇所につながるツボを押すと痛みを感じます。
痛みを感じる一方で、的確にツボを刺激することで、体調不良を改善することもできます。
その際にお灸を用いると、熱によって血液の循環がスムーズになり、血流がよくなります。
痛みなどの不調は筋肉のこわばりや、血流改善がよくないことで起こっていることが多いので、お灸の熱がツボにうまく当たることで、刺激とぬくもりの両方を与えて症状を改善させられるというわけです。
そのため、女性の間では妊活でツボ刺激とお灸が広まっています。
自分でお灸が据えられる部分に妊活に最適なツボがあるため、自分のペースで取り組めることが人気の理由です。
足首に近い部分にある三陰交は子宮や卵巣機能につながっていますので、ここにお灸をすえることで機能改善が望めます。